糖尿病 看護 計画。 低血糖の看護|症状や看護観察、看護計画や対処法、予防法

糖尿病の看護ケア押さえておきたいポイント

・糖尿病腎症(腎不全)の症状:浮腫・貧血・全身倦怠感・蛋白尿 ・糖尿病神経障害の症状:感覚低下、感覚異常、疼痛、こむらがえり、足先のしびれ、皮膚障害、血管障害、皮膚障害からの感染症、四肢冷感 ・糖尿病網膜症の症状:視力低下 治療 糖尿病コントロールでは以下の事が大切である。

2

実習で使える!Ⅱ型糖尿病の看護問題と看護計画|シンママが子育てもお金も諦めないブログ

看護計画の書き方 看護計画は、抽出した看護問題ごとに、「患者目標」、「計画」を記述します。 食前と食後2時間の血糖値• 例えば、肺炎で入院した患者さんで、発熱がみられ、痰の貯留があるものの、自身で排痰ができない、食事があまり摂れていないという場合は、発熱、痰、低栄養に関連した看護問題が考えられます。

1

疾患別に看護計画を調べる

ちなみ、#の記号は一般的にはシャープとよばれますが、看護記録上ではナンバーといいます。 医師の治療方針も参考にするとよいでしょう。

糖尿病は感染のリスクが高い!ハイリスクの理由と3つの観察ポイント

不安を成長させないように、丁寧にゆっ くりと患者のペースに合わせて話、患者の 気持ちを理解できるよう、しっかりと聞 き、安心感と安楽の提供と感情の表出を 促す。

11

糖尿病患者の看護計画

そして、計画を実施した結果を日々記録していきます。 成人期の一人暮らしの男性であり、不規則な仕事中心の生活が食生活の乱れを助長していることも考えられる。 そのため薬物使用による血糖改善ばかりではなく、食事療法や運動療法を基本とした治療の効果に着目するよう促す ・ 自覚症状のない2型糖尿病の場合はインスリン注射の受け入れが難しく指導に困難を要する場合がある ・ 低血糖は薬物治療中の患者に起こることが多く薬の過剰投与や摂取量不足などがその原因となる。

11

肥満(メタボリックシンドローム)患者の看護計画

同じような指導をしても、うまく患者様に理解を得てもらえない場合や行動につながらないこともあります。 振動覚検査• Problems: CP)としてあげることがあります。

14

実習に役立つ看護計画1

1、低血糖とは 低血糖とは、血糖値が正常範囲内よりも低くなり、それに伴って身体症状が現れた状態のことです。

15