アカデミック ハラスメント。 アカデミックハラスメントの現実的な対処法

ハラスメント防止のために

・指導を受けていた助教授から教授との共著にするよう強要されたとして提訴 ・指導していた准教授が博士論文を受理せず、指導もしなかったことから将来を悲観して自殺した院生の両親が大学と准教授を相手に提訴 ・9人の学生に対し暴言や論文放置などをしたとして提訴 このようにアカハラで提訴される可能性があるため、大学の教員・職員は加害者にならないように気を付けなければいけません。 またプライベートで旅行などに行く行為なども禁止した場合なども該当します。

20

「アカデミック」の意味は?「アカデミック・ハラスメント」を解説!

常に、相手の立場に立って物事を考えるようにすると、あなたの指導方法が万が一アカハラに該当しても、すぐに気づくことができます。

17

アカデミック・ハラスメントとは?これもアカハラになる35の例

不利益な情報を口外する 「成績」「過去の経歴」など職務上で知り得た情報などを利用し相手の不利益な情報を口外する行為。 学習・研究活動の妨害 ・文献・図書や機器類を使わせない ・机を与えない ・研究費の申請を妨害する 卒業・進級の妨害 ・正当な理由なく単位を与えない ・不真面目だなどの理由で留年させる ・卒論を受け取らない 就職・進学等の選択権の妨害 ・本人が希望しない研究テーマを押し付ける ・進学や就職に必要な推薦書を書かない ・就職活動を禁止し、会社に圧力をかけて内定を取り消させる• … 現在の指導教授(以下A教授)との関係を悪くしないよう心がけてください。

20

関西大学アカデミック・ハラスメント事件

また、これらの態様は独立しているものではなく、さまざまなハラスメントと重複する場合があります。 • アカハラは、立場が弱い学生が被害者になり、立場が強い教授などの教職員が加害者になります。

20

アカデミック・ハラスメントとは

文献・図書や機器類を使わせない。

【ハラスメントの種類】全部で50以上!一覧表で一気にチェック

考え方が違います。 ちなみにアカハラは以下5つに分類することができるデジね。 そうすると、被告大学法人には、原告の研究指導教員の変更につき在学契約上の債務不履行があったというべきである。

20

アカデミック・ハラスメントとは

アカデミック・ハラスメントとなり得る言動とは?• 3 国ないし被告大学法人の違法性 国は国立大学を設置・運営する主体として、在学関係における信義則上の配慮義務に基づき、被告大学法人は在学契約に付随する義務として、それぞれ、一般的に、学生に対し、良好な環境で研究し、教育を受けることが可能となるよう、研究教育環境が維持されるよう配慮すべき義務を負う。 就職という選択を奪うのもこれにあたるデジ。

11