ワーク ライフ バランス。 働き方改革をコンサル|働き方改革ならワーク・ライフバランス

ワーク・ライフ・バランスとは何か?

メリット(1)女性社員の定着• ぜひご覧ください。

8

ワークライフバランスじゃなく「ライフワークバランス」と言うべきじゃないだろうか?

フィットネス・ジムの利用• リモートワークの許可 従業員が働く場所を選べる仕組みがリモートワークです。 ゆとり世代の影響なのか、年々プライベートを重視する、いわゆるワークライフバランスを大切に考える人が増えているようです。 関連相談• 【WEB SEMINAR 今求められる働き方の変革】 1分でわかる! 小室淑恵の講演ダイジェスト 年間約300本、通算約2200本の実績を誇る弊社の「講演・研修」は、オンラインでの開催も大好評です。

7

多様性の尊重と機会均等の推進に向けた取り組み

休業・休暇に関するものは女性を対象とするものが多いのですが、「女性社員のニーズ」だけでなく「男性が育児休暇を活用しやすい状態にする」ことがポイントです。 そのため、政府が1987年の労働基準法改正より10年をかけて原則週40時間制(2012年現在も例外有:労働基準法第36条、131条など)とした。

11

イオンプロダクトファイナンス株式会社:ワークライフバランス

ライフステージに合わせた多様で柔軟な働き方が選択できる このようにワーク・ライフバランスは、働く人すべての仕事と生活の調和が実現した社会を目指すための取り組みなのです。 しかし、そもそも、ここまでデジタル化が進んだ現在、仕事とプライベートとの間に明確に線引きすることなど可能なのだろうか。

1

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章

上村協子 東京家政学院大学教授 / 2008年 仕事とプライベートな生活を調和させるためになされる様々な施策。 いくつかの企業事例を見ていると、リーダー社員にこそワークライフバランスの活用・理解をしてもらうことが、啓蒙してもらう面でも有効と考えています。 「仕事と生活の」と訳される。

7

働き方改革をコンサル|働き方改革ならワーク・ライフバランス

注意点:業務の割り当て方について 短時間勤務を利用する社員への業務割り当ては、ともすれば「切り出し業務=単純な仕事」になってしまうことがあります。