日刊 バーチャル。 2020年がモノづくりの分岐点に?!着々と進む「バーチャル・エンジニアリング」とは?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

【 三菱150年】重化学工業を背負う三菱はバーチャル世界の切り込みが弱い|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

複数の営業担当者がオンライン待機して顧客に応じたビデオ会議システムでコンタクトできる。 そのまま常設コンテンツとして日常的に使うデジタル資産の側面を強めている。 MaaSの陰で着々と進む、自動車製造のプラットフォーム化の脅威を解説。

20

スマホで楽しめるバーチャルメイド喫茶爆誕!今なら550円でバーチャル萌えできる|日刊サイゾー

高校野球 [12月1日 17:42]• 東京電機大学非常勤講師、博士(工学)、日本機械学会フェロー。 「それぞれの業界でグループ会社が頑張っているというのが原点だろう。

7

ただのまとめサイトにするな!バーチャル展示会たちの奮闘|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

アマ野球 [12月1日 21:16]• ASPICEという規格で契約するサプライヤにとって、機能モジュール開発はそのモジュール自体がビジネス価値を持つことから、知的財産のビジネスが生まれることになる。 開催1週間前に顧客へ事前登録を案内してプレページを開設。 重化学工業という重いモノを背負っているだけに大いなる課題だ。

4

ただのまとめサイトにするな!バーチャル展示会たちの奮闘|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

リアル展示会を再開済みの中国は遠隔地向けなどで併用する。

11

ただのまとめサイトにするな!バーチャル展示会たちの奮闘|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

二〇二〇年が分岐点 「開発プロセスとプログラムの品質保証」の契約ルールとして育ってきたSPICEは、二〇一七年より「開発プロセスとシステムの品質保証」となった。

世界の製造現場で起こっているデジタル化の潮流をつかむ! 『バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業』発売|株式会社日刊工業新聞社のプレスリリース

従来の展示会とは違った運営手法が求められる。 当日はイベントページで本社(京都市右京区)の仮設スタジオから技術者がライブで製品や課題解決、最新動向など発信し、質疑応答する。 東京電機大学非常勤講師、博士(工学)、日本機械学会フェロー。

6

ロームがオンラインでPR、バーチャル展示会の中身|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

このプロジェクトのアウトプットとして発表したロードマップに完全VT認証のスタートが二〇二〇年となっている。

2

ロームがオンラインでPR、バーチャル展示会の中身|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

すでに引き合いも複数来ており、今後も重要な営業ツールとして拡充していく。

15