日立 金属 不正。 日立金属、車部品などの特殊鋼・磁石で検査不正が発覚[新聞ウォッチ]

日立金属が品質検査不正 特殊鋼や磁石で10年以上:時事ドットコム

またフェライト磁石は、主にワイパーやパワーウィンドウなど自動車用やエアコン等家電用の各モーターに用いられ、希土類磁石はネオジム等のレアアースを主原料とする強力な磁石で、自動車の電動パワーステアリングやFA(ファクトリー・オートメーション)、ロボット用モーターに使われている。

2

「金属」「建機」の株式売却へ、“巨艦・日立”解体も多難な道のり|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

(昭和19年) - 日本初国産ジェットエンジン搭載の推力用Cr-W鋼イ513を開発し海軍技術廠より表彰を受けた(日立製作所安来工場の冶金研究所の小柴定雄による発明) 戦後 [ ] 旧日立電線の沿革はを参照。 (大正11年) - 戸畑鋳物、木津川製作所(桑名)を吸収合併• 熊谷磁材工場(埼玉県熊谷市)や佐賀工場(佐賀県大町町)のほか、韓国やフィリピンなど海外の拠点でも同様の不正を確認。 nui-icon--iserc-angle-double-right,. 日立電線(蘇州)有限公司 不祥事 [ ]• nui-icon--isekm-reason-industry,. 同社が調査対象を拡大したところ、同年3月20日、熊谷磁材工場(埼玉県熊谷市)が製造するフェライト磁石の一部についても、検査成績書に不適切な数値の記載があったことが判明した。

14

日立金属、車部品などの特殊鋼・磁石で検査不正が発覚[新聞ウォッチ]

こうした中、日立建機は工場再編など構造改革の推進、中古やレンタルなど新車販売以外のバリューチェーン事業の深化、IoT化推進などで難局を乗り切ろうとしている。 (平成23年) -佐賀工場新設• 『メイド・イン・ジャパン-日本製造業変革への指針-』(、1994年)• も関与したようだ」と語った。

日立金属、難路の独り立ち 品質不正で社長引責辞任: 日本経済新聞

04月27日(発表)- は4月27日、やなどの製品の品質試験で、検査成績書の数値をするなどして、納入先に提出していたと発表した。 自動車部材などに使われる特殊鋼では、安来工場(島根県安来市)で検査データの改ざんなどが確認。 一方、今年4月に発覚した日立…. (平成23年) - メトグラス安来工場新設• (平成25年) - 株式会社を吸収合併。

7

日立金属、車部品などの特殊鋼・磁石で検査不正が発覚[新聞ウォッチ]

【用語解説】日立金属 PR. YXRシリーズ(マトリックスハイス)• 不適切行為があった希土類磁石製品は、リングマグネット形の約270品番と角形の約100品番。 また、グローバル化展開も他のより先んじた体制を2004年(平成16年)の傘下商社の再編により構築している。

15

「金属」「建機」の株式売却へ、“巨艦・日立”解体も多難な道のり(ニュースイッチ)

日立製作所による株売却について平野耕太郎社長は「建機事業をより強くすることと、業績を上げることが第一だ」と語り、業績向上策の推進に力を注ぐ。 2s;transition:border-bottom-color. Hitachi Metals Europe GmbH• 外部識者でなる特別調査委員会は12月に最終報告書をまとめる予定。

8