アステカ 文明。 世界の終わり マヤ・アステカ神話の終末

アステカ文明

ところが、第二次世界大戦が終わると、アジア諸国は次々と独立を果たした。

5

アステカ

それも味方してアステカの祭壇は都市伝説レベルまで知れ渡るようになった。

8

アステカ文明の主要な神々たちを紹介!創造神から雨の神までいるの!?

こうして神と位置付けられたコルテスと神の通訳をするマリンチェがアステカの首都テノチティトランに到着すると、王自ら丁重にもてなしました。 ・文明• 16世紀の初め、スペイン人が現れた頃のアステカ王国は、現在のメキシコ高原一帯に、イタリアと同じぐらいの広さの領土を支配していた。 これはかつてルイス・マンフォードが新大陸のマヤ・ペルー・アステカの都市によせて、機能は異なれピラミッドやジグラットを思わせる巨大な神殿、メソポタミアやエジプトのそれに比すべきマヤの象形文字や暦など、多くの文化的特徴が旧世界の古代都市と並行している事実を挙げて、つぎのように書いたことにも通じる問いのように思われるが、どうやらこの問はいまだ解けてないアポリアのようである。

18

アステカ文明滅亡の謎!悲痛の少女マリンチェの裏切りが原因

よく事実の在る所を詳にすれば果して反対を見るべし。 時代の文明とは、字義通りにや都市生活のことであった。 しかしコルテスの部下の告白によると実際にはもっと多く、その3分の1はコルテスとその一派がくすねて隠匿したという。

7

宇宙にまつわる神話 ~アステカ(メソアメリカ)編~

テノチティトランもまた一〇〇〇年前のテオティワカンをモデルに碁盤目状に設計され、祭祀区域の中心には高さ三五メートルのピラミッドがそびえ、ピラミッドの頂上に軍神ウィツィロポチトリと雨神トラロックの一対の神殿が並んでいた。 並みの軍人なら、サジを投げてしまうような苦難の連続を克服したのである。 石川禎浩「東西文明論と日中の論壇」古屋哲夫編『近代日本のアジア認識』京都大学人文科学研究所、1994年。

10

世界の終わり マヤ・アステカ神話の終末

調査によれば、 アメリカ先住民の先祖はシベリアからの移住者だという。 のみならず、二六〇日暦と三六五日暦を組み合わせ、五二年(二六〇日と三六五日の最小公倍数)を一周期とする、メソアメリカ独得の宗教暦がここで生まれていることもまた、忘れてはならない事柄なのである(4)。

宇宙にまつわる神話 ~アステカ(メソアメリカ)編~

」『社会科教育』2009年4月号、明治図書出版。 平原を西に行くと、大きな山脈があって、そこに黄金の国があるという。 私は率直に、長江・ガンジス・マヤ・アンデスなども「文明」で、ざっと挙げても八~十個くらいはありますよとお答えした。